訪問看護で開業しようという人へ

訪問看護事業を行いたいと思っている人は思った以上に存在し、そのために介護施設などで働き、資金や人とのつながり、経験などを蓄えようとしています。開業する際に必要なものがいくつかあり、人材や場所、資金などが必要になります。訪問看護事業に限らず、開業する場合にはリスクを最小限にし、そこから軌道に乗せていくにしたがって規模を広げていくというのがセオリーです。しかしながら、訪問看護事業を始めるにあたり、定められた基準を最初にクリアさせる必要があります。人の数、事務所の設置など開業にあたってなるべく最小限にすることはできても、一定のレベルは確保しておかなければならず、開業する場合には念入りな準備が求められるとともに、資金の確保なども重要になります。

人材や場所を確保する場合の注意点とは

看護師などの人材を探す場合には、ハローワークで求人票を出す以外に、看護師専用の求人サイトなどに求人を出すことができます。また、既存の仕事情報の雑誌や広告などに出すことで人材の確保をすることができます。最近は訪問看護に限らず、看護師を必要とする介護施設があるため、どのような求人の状態になっているのか確かめることも大切です。場所に関してですが、訪問看護事業を行っているところがないか調べておくことが必須となります。そして、めぼしいところを見つけた場合には、公共交通機関、人通り、周辺の環境などを考慮するとともに、家賃が安いかどうかそのあたりも確認が必要です。できればこうしたコストは抑えなくてはならず、抑えられるとすれば、家賃などがその対象となっていきます。

運転資金はどれほど用意すればいいのか

お店を出す場合、設備投資としてかける費用の半分ぐらいが運転資金となります。また、毎月の維持費などを考慮し、収入と支出の差がこのまま続くとした場合、どれだけの期間であれば最低限続けることができるのかというのを考え、運転資金を決めるという手法もあります。病院などがバックについた場合では全体を通して数百万円かかることもザラで、個人でやる場合にはこの程度の額を想定しておく必要があります。人材、場所、資金、いずれの場合にしてもすぐに開業の準備ができるほど甘いものではありません。準備を進めていくためには、資金をためること以上に人材に恵まれること、そして、常日頃から開業の構想を話し、手伝ってくれる人、出資してくれる人を見つけていくことも、訪問看護事業においては重要となります。